お問い合わせ電話番号 : 0575-65-5311
卸売会員登録 受付中!

ロゼットの作り方

製作に必要な材料・道具
  • リボン(1個あたり垂れリボン2枚で15〜20cm程度。ただし好みによって増減)
  • プリーツリボン(1個あたりおおよそ15〜16cm程度。大きさの好みや、個体差によってやや増減)
  • 48mmくるみボタン シェル
  • 48mmくるみボタン 足なしバックパーツ
  • 48mmくるみボタン 打ち具
  • ロゼット製作ガイド(※裏紙を貼る旧タイプを使用する場合はこちらの作り方を参照)
  • クリップ付きピン
  • インクジェット生地シート(PCやスマートフォンで製作したデザインをインクジェットプリンタで印刷)
  • 生地切り抜き用テンプレート(印刷する場合、48mmくるみボタンの場合は円サイズ75mm程度)
  • グルーガン(+グルースティック)
  • ハサミ

※ロゼットキットをご購入の場合は、グルーガン(+グルースティック)とハサミ、ご自分のデザインとインクジェットプリンタのみ別途ご用意ください。

※インクジェット生地シートに印刷する際に、テンプレートサイズの円を描画する場合は、切り抜き用のテンプレートは不要です。

※製作の際は、グルーガンはしっかり温度が上がった状態にしてから使用してください。グルーの温度が低いと固まるのが早く、微妙な位置調整が難しくなるため、失敗する可能性が高まります。また、やけどには十分注意して作業を行ってください。

1

デザインをインクジェット生地シートに印刷し、テンプレートのサイズに切り抜きます。

2

打ち具の透明のパーツを当て、デザインの配置を確認します。

3

配置に問題がなければ、生地の裏からシェルを押し込みます。 (押し込んだ後、表側を見ながら生地の端を引っ張るなどして細かい位置調整をします)

4

余った生地はシェルの内側にしっかりと織り込んでおきます。

5

織り込んだ生地の上にバックパーツを乗せます。バックパーツの向きは、窪んでいる方が裏側になるので間違えないようにしましょう。

6

バックパーツの上に打ち具の青いパーツを乗せ、指でしっかりと押し込みます。

7

裏返して反対側を指で押し込み、ボタンを取り出します。

8

これでくるみボタンを作ることができました。

9

次はプリーツリボンを加工していきます。まずはリボンの端を写真の位置でまっすぐに切って整えます。

10

端から15〜17プリーツ分の位置で切り離しますが、適当に切ってしまうと綺麗に作ることが出来ません。まずは糸だけを切り離しましょう。(今回は15プリーツでカットしています)

11

糸を切った後、ほつれないように注意しながら軽く広げ、製作に使用する側に少し余裕をもって切り離します。

12

ヒダの部分と、切り離した際の余りのリボンの間(谷になっている場所)にグルーを軽く流します。(グルーを付けるのは写真の位置だけです。外周側には付けないようにしましょう)

13

グルーを流した部分に、反対側のヒダの折り目を差し込むようにして(山と谷を合わせる形で)貼り付けます。他の部分と違和感がないように幅や重なりを意識して行いましょう。

14

裏側を見るとリボンの余りが立ち上がってしまっているので、縫製のラインに少しだけグルーをつけて貼り付けます。(付け過ぎると不自然になるため、少量で問題ありません)

15

一度ガイドに乗せ、大きさと形のイメージを確認しておきましょう。

16

次に、垂れリボン用のフラットリボンを用意します。長さはお好みですが、あとで調整出来るように少し長めに切っておくと良いでしょう。

17

リボンを半分に折り、角から斜めにハサミを入れると、簡単に逆V字にカットすることが出来ます。

18

もう一枚も同じように切ってしまいましょう。(ここでは逆V字を採用していますが、お好みでどんな形を作っていただいても構いません)

19

垂れリボンの端を重ね、角度を付けた状態でグルーを付けてガイドにも固定します。

20

輪状のプリーツリボンを裏向きにし、縫製のラインに沿ってグルーを付けます。

21

ガイド円に沿って貼り付け、グルーが固まる前に輪がしっかりとした円形になるように整えましょう。

22

先ほど作成したくるみボタンの裏にグルーを付けます。この時、少し盛り気味で数カ所付けておきましょう。

23

デザインの向きに注意しながらボタンを真ん中に置き、グルーがしっかりと張り付くように指で軽く押した状態で固めます。

24

最後に、裏にクリップ付きピン(両面テープ付き)を貼り付けたら完成です。

※プリーツ数は基本的に見た目の好みで選択していただいて問題ありませんが、大きすぎるとくるみボタンを貼り付ける際に縫製の糸が見えてしまう可能性があるため、 あらかじめガイドやくるみボタンにプリーツリボンを当て、サイズ感を確かめてから製作することをおすすめいたします。(ほとんどの場合、17プリーツ分でギリギリ糸が見えない位置になります)

くるみボタンの作り方



PR

バッジマンネット

ギャラリー

インフォメーション