世界で一つだけ。オリジナルの時計を作ろう。

貴重な時間

『この地上で過ごせる時間には限りがあります。本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、二つか三つくらいしかないのです。』
アップル創業者のスティーブ・ジョブズの名言です。

『時間の浪費ほど大きな害はない。』イタリア・ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ。

『欲しいものは何でも私に言うがいい。ただし時間以外だ。』フランス皇帝ナポレオン。

多くの偉人が時間の重要さ、貴重さを伝えています。
1分1秒を無駄にしないよう今を生きろと言っているようです。

しかし、彼らが言わんとすることは理解していても、人生をストイックに生きる事は難しいです。
時には仕事に没頭したり。時には怠けたり。

そうこうしているうちに、いつの間にか時間は過ぎてしまいます。
きっとあなたは今も時計を見ては、『あっ、もうこんな時間だ』なんて、忙しい毎日を過ごしているはずです。

 

時計の存在

時計は現代人の時間感覚を司る重要な役目を担っています。

『7時には自宅から出勤する』『3時にクライアントと面談がある』『21時からは気になるドラマを見る』など。
時計の示す時間を頼りに(信じて)あなたは行動しているはずです。
言うなればあなたの生活を支配している存在です。

何時でも時間の管理ができる事を目的とする時計ですが、
時間が大切なものであるならば、時計にもっと拘ってみてはいかがでしょうか?

私たちは、自分で作る世界で一つだけの時計作りを提案します。

例えば自宅。
自宅でこそ時間の支配から逃れていたいものですが、実際にはそういうわけにもいかず、時計は気にしなくてはいけません。
時計を見るたびに時間に追われ忙しい気分にさせられるのではなく、どこか心がほっとするきっかけであって欲しいです。

例えばくるみボタンコムの『木の時計キット』は非常に簡単にオリジナルの時計が作れます。
木製のボディに好きな絵を描いたり、布や紙を張ったり。
あなたの好きなように自由にデザインができます。


自分で作る。子供と作る。家族と作る。友達と作る。

貴重な時間を使ってでも、オリジナルのものを作り上げる。
そんな時計だからこそ、有意義な時間を過ごせるはずです。
そしてできれば時間を忘れてのんびり過ごしたいものです。

 

『ピーター・パン』の作者、英国の劇作家のジェームス・マシュー・バリーは言います。
『珠玉の時間を無為に過ごさないようにと、注意を受けたことがあるだろう。そうなのだが、無為に過ごすからこそ珠玉の時間となるときもある。』
何もしない事が尊い時間でもあるのです。