パーティーの新定番!クリスマス・クラッカーで今年のホリデーシーズンは盛り上がろう

冬の寒さと共にホリデーシーズンがやって来ました。これからの季節、同僚や友達または家族など、なにかと人と集まる機会が多くなりますよね。

そんな楽しい時間に欠かせないのがパーティーアイテムです。
今回はこれからの季節にピッタリで、しかも日本では滅多に目にすることが出来ないレアなパーティーアイテムをご紹介します。

作り方から遊び方まで完全解説しますので、今年のホリデーシーズンはオリジナリティ溢れるアイテムを使って楽しい時間を演出してみてはいかがでしょうか?



イギリスではクリスマスパーティーの定番アイテム“クリスマス・クラッカー”

皆さん、クリスマスパーティーと言えば何を思い浮かびますか?
赤いイチゴの乗ったクリスマスケーキでしょうか?それとも、美味しそうに焼きあがったローストチキン?またはクリスマスツリーや、プレゼント交換かもしれませんね。

この華やかな雰囲気を更に盛り上げてくれるアイテムが存在するとしたら、試してみたくはありませんか?

そこでオススメなのがイギリスのクリスマスパーティーでは欠かせない“クリスマス・クラッカー”と呼ばれる物です。
クラッカーと言う名前ですが、日本で良く目にする円錐型の物ではなく、キャンディの包み紙のような形をしていて、クリスマス・ボンボンとも言われています。

クラッカーの両側を引っ張ると、パン!っという音と共に中から小さなプレゼント、なぞなぞの書かれた紙や、紙で出来た王冠が出てきます。
イギリスが舞台の映画「ブリジットジョーンズの日記」にも主人公とお父さんがこの紙で出来た王冠を被っているシーンが出てくるように、イギリスではどこのクリスマスパーティーにも用意されている定番アイテムなんです。

このクリスマス・クラッカーの起源は古く、イギリスのヴィクトリア朝時代にまで遡ります。
1840年代、お菓子屋さんの店主がメッセージと共にアーモンド菓子を詰め、少量の火薬を付けたクラッカーにして発売したのが始まりだと言われています。
それはすぐさま大人気となり、パーティー用の玩具や紙の王冠が入ったものなど、19世紀末にはイギリスのクリスマス定番アイテムとして定着しました。



クリスマス・クラッカーの遊び方


クリスマス・クラッカーは基本的に、机の上のお皿などと一緒に1人1個ずつ置いた状態でセッティングされています。
そして両手を身体の前でクロスさせ、隣の人とクラッカーの両端を引っ張り合います。中に入っているプレゼントは、中央の部分が手元に残っている人が貰うことができます。

プレゼントと一緒に入っている紙の王冠は、みんなで頭に被ることでパーティーでの一体感を強く演出してくれます。その他にも、なぞなぞの書かれた紙を入れておくなどすれば、クイズを出し合って楽むことができます。

これはあくまでも基本の遊び方で、クラッカーの引っ張り方や中に入っているゲームの遊び方は、家庭ごとに違ってきます。要はパーティーが盛り上がればOKなので、自分たち独自の方法を作ってみるのも良いかもしれませんね。



クリスマス・クラッカーの作り方


イギリスのクリスマスでは絶対に欠かせないクリスマス・クラッカーですが、火薬が使われているために日本への輸入が難しく、残念ながら国内ではなかなか目にすることはありません。

ですが、【WE R MEMORY KEEPERS キャンディボックス パンチボード】を使えば自分自身で簡単に作ることが出来るんです!

このパンチボードを使用すると、コーナーのカットや、折り目を綺麗に入れることができます。制作手順もとても分かりやすいので、下記の動画をご覧いただければ十分に理解できると思います。



使用する紙は、最終的にクラッカーとして引っ張り、そして破ける必要がありますので固すぎない素材の方が良いでしょう。
そして、箱が出来たら次は飾りつけです!リボンだけでなくシールを貼ったり、それぞれの名前を書いても面白いですよね。

また、このアイテムの用途はクリスマスに限定されたものではありません。どんなパーティーでも使える優秀なアイテムなので、例えばお正月など人が集まる時に用意していると大活躍してくれます。

子供たちへのお年玉も、クラッカーの中に入れて渡せば大興奮になるのは間違いありません。その時は、紅白や干支の飾り付けをすると良いかもしれませんね。



よりパーティーを盛り上げるクリスマス・クラッカーのアレンジ方法

基本的なクリスマス・クラッカーの作り方が分かったところで、更にオリジナリティを加えていきたいと思います。それは中に入れるアイテムです。
例えば、子供たち向けのクリスマスパーティーならば、小さな玩具だったりお菓子だったり可愛い形をした消しゴムなんかも喜ばれそうですよね。
大人だけのパーティーなら、中に入れるなぞなぞに工夫を凝らしましょう。パーティーの仲間によっては「初めてのキスはいつ?どんな場所で?」なんて、ちょっときわどい質問を入れてみるもの良いかもしれません。
また、お正月ならば1年の抱負や今年行ってみたい場所、やってみたい事などの質問も盛り上がりそうですね。

今回ご紹介したクリスマス・クラッカーを使えば、テーブルのデコレーションにもなり、ゲームにもなり、そしてちょっとしたプレゼントにも出来るので、一石三鳥です!
しかも、アイデア次第では家にあるもので作れますし、ほとんどお金はかかりません。

今年のパーティーでは、是非クリスマス・クラッカーを取り入れてパーティーを盛り上げてみてください。