データだけじゃ勿体ない!写真をまとめて、形ある物に残していこう

あなたは写真を撮るのが好きですか?スマートフォンの普及で、私たちは日常生活において写真を撮る機会が格段に増えたと思います。様々な場面を写真として残せ、後から思い出を振り返りやすくなりました。

とは言ったものの、実際にどれだけの人がそれを見返しているでしょうか?
SNSに投稿して、はい終わり!となっていませんか?
もちろん、思い出をSNSに載せてシェアすることは楽しく、データという形では残るかもしれません。でも、楽しかった思い出だからこそ、しっかりと形ある物に残していきましょう。



海外では家族写真をインテリアとして飾る

写真を撮った後の整理はどうしていますか?たくさんのデータがカメラやスマホの中に眠ったままというのは勿体ない!せっかく撮ったのですから、写真はプリントアウトして飾っていきましょう。

映画や海外ドラマを見ていると、玄関やリビングに沢山の家族の写真が飾ってあり、さらには職場のデスクの上にまで飾られているという光景を目にしたことがあると思います。これ、現実の世界でももちろん同じです。

アメリカをはじめとした海外では、撮影した写真はその時に楽しむのではなく、長い年月をかけて写真を集め、将来それを眺めて楽しむものという考え方があります。これって素敵な考え方ですよね。

もちろん、それは家族写真に限ったことではありません。自分の趣味であったり、好きな物を写真に収めていると思います。そんな大切な物だからこそプリントアウトして、普段の生活の中で目に入るようにすれば、撮影がもっと楽しくなると思います。

それでも、いきなり壁に飾るには勇気がいる。家の壁に穴を開けたくない!来客もあるし、ちょっと飾るのは恥ずかしいかも。という方にお勧めなのがスクラップブックです。
スクラップブックとは、新聞や雑誌記事などを切り抜いて張り付けたノートのことで、切り抜き帳とも呼ばれています。記事だけでなく写真やメモなどを張り付けアルバムの様に保存したり、アーティストが資料やアイデアをまとめる為に用いたりしています。これなら自分に合った方法で写真を形に残して飾ることができます。



スクラップブックの歴史

スクラップブックの歴史はとても長く、15世紀のイギリスでは料理のレシピや手紙、詩などをノートに貼って保存するといったことが行われており、新聞や雑誌の普及が進んだ19世紀には、広く一般的にスクラップブックが用いられていました。
そして、1980年代のアメリカでスクラップブックの新たな活用方法が流行り始めます。家族写真を様々な素材で飾り、アルバムのようなスクラップブック作りが趣味として盛り上がりを見せたのです。そうして飾りを作るための専門道具も多く開発され、巨大市場へと発展していきます。

今回ご紹介する「SIZZIX」は、その時代を背景に持つエリソン社の商品です。
1977年、エリソン社は家庭用型抜きマシンを開発し、その後も時代に合ったデザインの商品を次々と販売し、DIYアートやクラスト市場で大きな役割を担ってきました。
そのエリソン社から2001年に満を持して発売されたのがSIZZIXになります。



SIZZIXでどんなことが出来るの?

SIZZIXはエリソン社が製造する家庭用の型抜き及びエンボス加工が出来るマシンの総称です。この型抜きマシンは紙だけでなく、布、フェルト、マグネットシートなどハサミで切断できる素材をお好みの型に合わせて切断してくれます。
そうしてカットされた素材は、スクラップブックやカード、アクセサリー作りなど、あらゆるクラフトワークに使用でき、あなたの創作活動を大きく助けてくれます。

さらにSIZZIXは、Association for Creative Industries(AFCI)と言う、世界中のクリエイティブ製品の設計、製造、流通、小売販売に携わる数千の会員企業で構成される国際的な非営利の業界団体から、2012年にゴールデン・プレスキット賞を受賞しているんです!だから、その使い勝手の良さやデザインの良さはお墨付きです。



SIZZIXはどうやって使うの?

SIZZIXの使い方はとても簡単です。機械に型と素材をセットして、ハンドルをクルクルと回すだけで素材をキレイに切断してくれます。もちろん素材をカットするだけならば、ハサミでも同じことが出来ます。しかし、ハサミだと作業に時間が掛かりますし、全てを同じ形に切り取るのは大変な作業です。

その点SIZZIXであれば、簡単な動きと短い時間で素材の切り抜きを行うことができ、様々な形の型や付属品を豊富に取り揃えているため、あなたのイメージ通りの作品づくり可能にしてくれます。
機械の使い方を説明した動画をご覧いただければ、その実用性の高さをより実感してもらえると思います。



SIZZIXを活用してスクラップブックを作ろう

基本的な使い方が分かったところで、SIZZIXの活用方法を見ていきましょう。







このマシンは、あらゆる人々の創作活動を手助けしてくれます。
写真をプリントアウトしたら、お好きなノートとSIZZIXマシンを用意して、思い思いのデコレーションで飾っていけばスクラップブックの完成です!旅行先で撮った写真を1冊のスクラップブックにまとめても良いし、1年の振り返りとして撮った写真をまとめるのも素敵ですよね。自分の為に作るのも良いですが、友達の誕生日プレゼントや恋人との記念日のプレゼントとして特別な贈り物としても喜ばれると思います。

これまでは撮るだけだった写真も、SIZZIXを活用すれば簡単に、そして可愛くスクラップブックへとまとめて飾ることができます!作品として仕上がった姿を見ると、その思い出がより輝きだすでしょう。そして将来、そのスクラップブックを見直した時には、絶対に作っておいて良かったと実感すると思います。そんな未来を楽しみにしながら、是非写真をまとめてみてはいかがでしょうか?