世界中がお母さんに思いを伝える日!母の日はオリジナルメッセージカードでお祝いしよう。

もうすぐ花屋さんに沢山のカーネーションが並ぶ季節がやってきます。
そう!母の日です。プレゼントの準備はできていますか?

実は日頃の感謝を込めてお母さんにプレゼントを贈るのは、日本だけでなく世界中で行われている風習です。国によって日にちや定番のプレゼントは違っても、お母さんを思う気持ちは一緒。

今年は世界各国の母の日事情を参考にしながら、ひと味違ったプレゼントを送ってみてはいかがでしょうか?



海外の母の日はいつ?どうやってお祝いするの?

日本で母の日といえば赤いカーネーションを贈るのが定番ですが、実は世界に目を向けてみると色んな方法で母の日をお祝いしています。国によって日にちや定番のプレゼントが違うって面白いですよね。

でもお母さんを思う気持ちは世界共通です。それでは世界各国の母の日事情を見ていきましょう。



・アメリカ

日本の母の日はアメリカを倣って始められたので共通事項が多いのが特徴です。

始まりは南北戦争中に、ある女性が敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために「母の仕事の日」と称し地域の女性を集めて活動を行っていました。しかし、女性はこの日が定着する前に他界してしまいます。

その後は女性の娘が意思を引き継ぎ活動を広め、また亡き母親を追悼したいという思いから白いカーネーションを教会で参加者に贈りました。これが母の日の起源とされています。

1914年には5月の第2日曜日が母の日と制定され、「健全な母には赤、他界した母には白いカーネーション」を贈るようになります。しかし、色の違いがあっては傷つく子どもがいることから、今は赤いカーネーションが定番になっています。



・イギリス

イギリスの母の日は、毎年日程が変わり覚えにくいのが特徴です。

それは母の日が『イースター・サンデーの3週間前』とされているからです。そもそもイースターが『春分の日以降の、最初の満月から数えて最初の日曜日』となっているので、それに伴って母の日も毎年移動します。

2020年は3月22日で、もう既にお祝いが終わっていますね。イギリスではラッパスイセンを贈ったり、ドライフルーツがたっぷり入ったシムネルケーキを家族で食べたりして過ごします。



・オーストラリア

オーストラリアは日本と同じく5月の第2日曜日が母の日です。

しかし定番として贈られる花は、なんと菊になります。オーストラリアでは5月は秋になり、ちょうど菊の花が見頃になるからです。

菊の花の中でも白くて可愛らしいクリサンセマム(chrysanthemum)は、語尾からとられた愛称で“Mum”と呼ばれ、ちょうど音がお母さんと重なることから母の日の花として人気があります。



・フランス

フランスの母の日は5月の最終日曜日で、「フェト・デ・メール(母親の祭日)」と呼ばれています。

子沢山の母親を賛美することから始まったので、自分の母親だけでなく周りで子どもがいる女性にも「良い母の日を!」と声をかけたり、メッセージを送ったりします。
定番のプレゼントなどはなく、お母さんが喜んでくれる物を贈って、一緒に食事をしたりします。



・韓国

韓国には母の日はありませんが、代わりに「両親の日」が5月8日にあります。儒教の国である韓国では親孝行がとても大事で、この日はとても特別な日です。カーネーションを贈る習慣もありますが、お金や商品券などを贈ることが多いのも特徴です。



・タイ

タイでは国王妃の誕生日である8月12日が母の日です。

王妃が生まれた金曜日の色は水色と決められており、タイ国民は母の日に自分の母親や王妃さまへの尊敬や感謝の気持ちを表すために、水色の旗を掲げたり水色の服を着たりしてお祝いします。お母さんに贈る花はジャスミンが定番です。



オリジナルのメッセージカードでお母さんに思いを伝えよう

世界各国の母の日の祝い方を見ていくと、赤いカーネーションを贈る以外でも色んな方法があるのが分かります。
プレゼントの形は様々でも、1つだけどの国でも変わらない物があります。それは、メッセージカード!母の日は日頃の感謝をお母さんに伝える日ですから、メッセージカードは外せません。

普段はなかなか伝えられていない言葉を届ける良いチャンスですよね。

そんなカードも、思いを込めて手作りしてみてはどうでしょうか?
こちらの【パンチカッター】を使えば簡単に手作りカードが作れちゃいます。
例えばお花のプレゼントと一緒に【クラフトパンチカッター クラシック [バタフライ]】を使って蝶々の飾りがついたカードはどうでしょう?甘い花の香に誘われてやってきた雰囲気が演出できますよね。

カードだけでなく、プレゼントの花にアクセントとして付け加えても可愛らしいと思います。切り抜いた紙を2枚重ねることで立体的な飾りになり、より躍動感が生まれますよ。

また、よりエレガントな演出をしたい場合は【クラフトパンチカッター ラージエッジ [ローズチェーン]】をお勧めします。
連続する薔薇が浮かび上がり、豪華な雰囲気を醸し出せます。バラの色にはそれぞれ花言葉が違っていてお母さんにお勧めなのが、「気品」や「尊敬」といった意味を持つ紫色の薔薇です。

本当に紫色の薔薇を探してくるのは大変ですが、メッセージカードなら簡単ですよね。カードに使用する紙は【カラー・デザインペーパー】から、お母さんのイメージにピッタリな物をさがしてみてください。

プレゼントの付属として扱われがちなメッセージカードですが、実は以外と何度も見返していつまでも大事に残しているのはメッセージカードの方だったりしますよね。

母の日には、お母さんの好きなモチーフや色・柄などを考えてオリジナルのカードを作って思いを伝えてみましょう!