かわいいを作ろう!アイロンビーズでイースターモチーフに挑戦!

日本でも少しずつ定着してきたイースター!クリスマスやハロウィンと同じように部屋をデコレーションしたり、様々なゲームで遊んだりと、イースターの楽しみ方も板についてきましたよね。そこで、今年はちょっと新しいデコレーションに挑戦してみませんか?子どもはもちろん大人も楽しめるアイデアをご紹介します。



今更聞けない!イースターってどんな日?


春が近づくと、可愛らしいウサギや卵のアイテムを街中で見かけるようになり、『あっ!イースターの季節が近づいてきた』なんて感じることも増えてきましたよね。もうイースターは、日本のイベントカレンダーにしっかり根付いたように感じます。

そんなイースターについて、なんとなくは知っているけど、どんな意味があるのか?何をして祝うのか?そして正確な日付はいつなのか?と聞かれたら、言葉に詰まってしまいませんか?そこで今更聞けない、イースターの基礎情報をおさらいしていきましょう。これで子ども達に聞かれても、安心です!

イースターとは、イエス・キリストが奇跡の復活をお祝いする日で、キリスト教において最も重要とされるイベントです。その昔、弟子の裏切りによってイエス・キリストは十字架にかけられ処刑されますが、その際『3日後に復活する』と予言を残しました。そしてイエスは予言通り3日後に復活を果たします。この奇跡をお祝いするのがイースターで、日本語では“復活祭”とも呼ばれています。

海外ではイースター休暇と呼ばれる連休があり、家族や親類が集まってご馳走を楽しみながらお祝いをしたり、教会のミサに参加したりします。イースター前の一定期間には肉類や乳製品を食べるのをやめる場合もあり、イースター当日の食事はラムや厚切りハムなど動物性食品を中心とした料理がテーブルに並ぶのが一般的です。それ以外にも、パンに白の十字架が描かれたホットクロスバンズや、卵形のチョコレートなども好まれて食べられます。また、ウサギや卵のモチーフを飾ったり、エッグハントなど卵を使ったゲームで遊ぶ風習もあります。

そしてイースターは毎年日付が変わるのも特徴の1つ。イースターは『春分の日以降の、最初の満月から数えて最初の日曜日』と決められていて、今年2022年は、4月17日になります!これは、日本を含めて世界で一般的に使われているグレゴリオ暦のカレンダーを使っていますが、ユリウス暦の場合はまた違ってきます。

このようにイースターはキリスト教の大切なお祭りではありますが、同時に子ども達が楽しめるゲームも沢山あるので、気軽にかわいいモチーフを使ってイベントに参加してみましょう!



イースターには卵やウサギのモチーフが使われているのはなぜ?


イースターになると可愛らしい卵やウサギのアイテムを良く目にしますよね。イースターで扱う卵やウサギは“イースターエッグ”や“イースターバニー”と呼ばれて、特別な意味を持つアイテムになります。では、それらにはどんな意味があるのでしょうか?

キリスト教において卵は生命のシンボルで、ウサギは子どもを沢山産むことから子孫繁栄や豊穣のシンボルになります。イースターはイエスの復活を祈るお祝いなので、命が大切なテーマになり、それらを表す卵やウサギが欠かせないモチーフとなりました。

イースターエッグやイースターバニーは可愛らしいだけじゃなく、生命を表す縁起の良いシンボルなので、イースターに向けて積極的に取り入れていきたいですよね。



イースターではどんな遊びをするの?


さきほどエッグハントに触れましたが、イースターには子ども達が主役となって楽しめる遊びが沢山あります。代表的なのが、エッグハントとエッグレース!

エッグハントは、庭や家の中に隠したイースターエッグを探し出すゲーム。見つけた卵を入れる用の小さな籠やバッグを用意しておくと、より本格的になります。エッグレースは、スプーンに乗せた卵を落とさずに、一番早くゴールまでたどり着くのを競うゲーム。年齢によって使用するスプーンを変えれば、難易度も調節できるのでお勧めです。例えば、小さなお子さんにはスープ用のおたま、大人はティースプーンといった感じです。どちらのゲームでも最近は本物の卵を使わずに、後始末が楽なようにプラスチック製やチョコレートでできた卵を使用することが多くなっています。

どちらの遊びも、簡単に準備ができて遊ぶことができるので、家族で盛り上がってみてはいかがでしょう?



定番はもう飽きた!アイロンビーズでイースターモチーフを作ろう


イースターの定番は一通り遊び終わった方々や、子ども達が大きくなってエッグハントやエッグレースだけでは満足しなくなった場合にお勧めなのが、アイロンビーズを使った遊び方!

アイロンビーズとは、アイロンなどで熱を加えると溶ける、パイプ状にカットされた小さなビーズのこと。ビーズを専用のプレートの上に並べて模様を描き、その上からアイロン掛けを行うとビーズ同士が熱で溶けて融着し作品になります。色の組み合わせやビーズの配置で可愛らしいドット柄を描くことができ、子どもから大人までが楽しめるクラフトアイテムです。

このアイロンビーズを使用して、イースターエッグやイースターバニーを描いていきませんか?カラフルなビーズはイースターの可愛らしい雰囲気とピッタリです。これならエッグペイントの絵具で部屋が汚れる心配もいりませんし、様々な柄に挑戦することができます。また部屋のデコレーションとしても楽しむことができます。



ドット柄が可愛い!イースターエッグにイースターバニーをアイロンビーズで描こう


アイロンビーズの魅力は、そのレトロでポップな作品が簡単に作れるところ。カラフルで可愛らしいイースターエッグやイースターバニーの絵柄にぜひ挑戦してみましょう!



もちろん図案も用意してあります。参考にするのは、コチラのサイト。ここには様々な絵柄の図案が紹介されています。例えば、定番のイースターエッグイースターバニーから、卵に入ったヒヨコエッグハントのデザイン、そして春らしいチューリップ図案もあります。

作りたい図案が決まったら、次は必要な物を揃えましょう!必要なのはアイロンビーズ、ペグボード、ピンセット、アイロンシート、そしてアイロンのたった5つだけ。作品で使いたい色を【アイロンビーズ/ 単色パック】から選ぶか、【アイロンビーズ /キット・マルチカラーパック】を準備。今回は可愛らしい色味が作品の雰囲気にピッタリ合うので【パーラービーズ バケットキット 8500ピース [マジカルプリンセス]】が特にお勧めです。

そしてアイロンビーズを並べる時に使う【透明ペグボードラージ 四角形 連結タイプ 2枚入】や、小さなビーズを掴むやすい形状になっている【アイロンビーズ用 ツィーザー (ピンセット) 3本入】、【アイロンビーズ用 アイロンペーパー 30CM×33CM 5枚入】を用意しましょう。アイロンは一般的な家にある物で大丈夫です。スチーム機能があるアイロンは、機能を切って使用してください。

図案と道具が揃ったら、ペグボードにアイロンビーズを並べていき柄を描きます。その上にアイロンペーパーを乗せて、アイロンは中温で円を描くような感じでかけます。時々アイロンを離して、アイロンペーパーの上からビーズ同士がくっついているかを確認しながら行うと綺麗に仕上がりますよ。全てくっついたら、熱が冷めるのをまってビーズをボードから外して裏返します。そして裏側にも同じ手順でアイロンをかけていけば完成です。

熱を加える目安は10〜20秒ほどですが、図柄やサイズによってはそれ以上かかる場合があります。アイロンの温度が高すぎたり、熱を加える時間が長すぎるとビーズが溶けすぎてしまったり、ボードまで溶ける場合がありますのでご注意ください。

イースターの可愛らしいモチーフは、どれも生命や豊かさを表したラッキーアイテム。今年のイースターはアイロンビーズを使って自分だけのイースターエッグやイースターバニーを作ってみませんか?完成したらゲームに用いたり、部屋のデコレーションに使ったりと大活躍すること間違いなし!カラフルなモチーフたちが家の中から春の訪れを感じさせてくれますよ。