バレンタイン発祥の地・イタリアの高級菓子!チョコレートサラミで愛を伝えよう

今年も街中にチョコレートの甘い香りが漂うバレンタインデーの季節が近づいていきました。今年のバレンタインは誰にどんなチョコレートをプレゼントする予定ですか?手作りするにも、美味しいチョコレートのレシピが沢山あって迷っている方も多いはず。そこで見た目もお洒落で、しかも簡単に作れるチョコレートレシピをラッピングのアイデアと共にご紹介していきます!



そもそもバレンタインデーってどうゆう日?その由来は?

バレンタインデーは日本では長い間“女の子から男性に告白する日”として定着していましたが、ここ最近は“チョコレートの祭典”と言っても過言ではないように、世界中の有名なチョコレートが一堂に会するイベントとしても楽しまれています。しかし、そもそもバレンタインデーとはどういう日なのでしょうか?

バレンタインデーの歴史はローマ帝国の時代にまで遡ります。当時は強兵策の1つとして兵士たちの結婚を禁止していましたが、これを不憫に思ったバレンティヌス司祭は内緒で多くの兵士たちを結婚させていました。これが皇帝に見つかり、司祭は2月14日に処刑されてしまいます。司祭は多くの人の愛を守ったとして後に“聖バレンティヌス”として敬われるようになり、亡くなった日をバレンタインデーと祝うようになったのが由来と言われています。

このような話を聞くと宗教色が強いイベントのように聞こえますが、欧米でもカジュアルに恋人や夫婦が祝うイベントとして親しまれています。ただ日本と違うのは、男性が恋人や妻をロマンティックなデートに誘いプレゼントを贈ること。女性がお姫様のように扱われる日で、またお返しをするホワイトデーもありません。

バレンタインデーの祝い方は、それぞれの国によって違いはありますが、愛する人への想いを伝える日なのは万国共通ですね。あなたもバレンタインデーには、思いを寄せている人や恋人、そして家族や友達など大好きな人に想いを伝えてみましょう!



バレンタイン発祥の地・イタリアのチョコレート事情

バレンタインデーの由来からも分かるように、バレンタインデーはイタリアが発祥の国。そしてイタリアは、スイスやベルギーと並んでチョコレートの国としても知られています。そして世界中で愛されるチョコレートが沢山あります。ココアパウダーとヘーゼルナッツが入ったスプレッド『Nutella(ヌテラ)』や、金色に輝く包み紙で有名な『Rocher(ロシェ)』など、代表的なチョコレートは日本のスーパーでも商品を見かけますよね。

それ以外にも、イタリア土産としても人気がある『Baci(バーチ)』。イタリア語で、キスの複数形を意味するBaciの名前が付けられたこのチョコレートには、愛の言葉が同封されています。チョコレートの包装紙を開けると、丸くて可愛らしいフォルムのチョコレートと共に、薄紙に四か国語で書かれた愛の格言が!残念ながら日本語では書かれていませんが、イタリア語・英語・スペイン語・フランス語の4か国語で書かれていて、おみくじ感覚で楽しむことができます。

そう、イタリアでもチョコレートはロマンティックなアイテムの1つなんです。そしてバレンタインデーの由来となったバレンティヌス司祭の出身地テルニでは、2月14日の前後4日間に渡ってチョコレートの祭典『チョッコレンティーノ』が開催されています。イタリアでも、バレンタインデーとチョコレートを関連付けるところが日本と同じですね。



イタリアの高級菓子・チョコレートサラミって何?

バレンタインデーにもチョコレートの祭典が開催されるなど日本と似た習慣を持つイタリアですが、そんなイタリアで冬になると登場する高級菓子があります。それは“Salame di cioccolato(サラーメ・ディ・チョコラート)”と呼ばれる北イタリアの伝統菓子で、見た目がユニークなことでも有名です。

チョコレートにナッツ、ドライフルーツやビスコッティなどを混ぜて冷やしたもので、日本ではチョコレートサラミとして知られています。そして名前の通り、見た目はまるで本物のサラミのよう。お菓子屋さんの店頭では、タコ糸で縛られたチョコレートサラミが吊られてディスプレイされていることもあり、精肉店と間違えてしまいそうなほどです。そして外見だけでなく、輪切りしてみると中に入っている具材がサラミの脂身のように見え、食べるまではチョコレートと気づかない人もいるかもしれません。

チョコレートを冷やして固めてあるので夏よりも冬向きのお菓子として地元で愛されており、手土産やホームパーティー、バレンタインなど、人が集まる時のお菓子として人気のある商品です。またチョコレートの中に入れる具材は様々なレパートリーがあり、子供向きの味から少しお酒の効いた大人向けの味まで変化が楽しめます。今年のバレンタインは、チーズと一緒にチョコレートサラミをお皿に並べて、ワインを片手に素敵な時間を過ごしてみるのはいかがですか?



バレンタイン発祥の地・イタリアで愛されるチョコレートサラミを手作りしよう!

イタリアの高級菓子として売られているチョコレートサラミですが、実は作り方はとっても簡単!チョコレートを溶かして・混ぜて・固めるだけで、オーブンも必要ありません。手作り初心者の方から、時間が無いない方、またお子さんと一緒にお菓子作りを楽しみたい方までお勧めのお菓子です。好みによって味のアレンジもしやすいので、プレゼントにもピッタリ。もちろん本物のサラミのように見せるラッピングのコツもお伝えしますので、今年のバレンタインは特別な道具も必要ないチョコレートサラミを手作りしてみましょう!



*材料(チョコレートサラミ2個分)*

・ビスケット…200g

・チョコレート…250g

・バター…90g

・ピスタチオ…100g(お好みで、他のナッツ類やドライフルーツを加えてもOK)

・牛乳…大さじ2

・バニラエッセンス…小さじ1

・粉砂糖…まぶし用

・塩…ひとつまみ

・お好みで、ラム酒・コーヒー・オレンジジュースなど…大さじ2~3(入れない場合は、同量の牛乳を加える)



*作り方*

①ビスケットを砕く

②チョコレートとバターを湯煎で完全に滑らかになるまで溶かす。

③湯煎から外し、牛乳、バニラエッセンス、お好みでお酒やコーヒー、砕いたビスケット、ピスタチオ、塩を加えて混ぜ合わせる。(優しくツヤが出るまでかき混ぜるのが美味しく作るコツ)

④ラップの上に半分を広げ、丸太のような形にする。ラップを巻き、両端をねじって封をし、太さが均等になるように数回転がす。残り半分の材料も同じように丸める。

⑤冷蔵庫で2~3時間冷やして、固める。

⑥ラップを外して、粉砂糖を全体にまぶしたら完成!





チョコレートサラミが完成したら、サラミのように見せるために紐を巻いていきます。まず【パン屋の紐 BAKER’S TWINE】を用意しましょう。サラミそっくりに仕上げたい場合はオーソドックスな【WHISKER GRAPHICS DIVINE TWINE「パン屋の紐」BAKERS TWINE シングルスプール [ソリッドミント] 約219M】がお勧め。チョコレートサラミの縦方向にグルっと紐を1周巻いて堅結びしハサミで切ります。次に先ほどの紐に対して先端で十字が出来るような角度で、同じように縦方向に紐を巻きます。次は胴回りに、1周巻いて縦の紐と交えて結びます。これを何度か繰り返したら完成!

チョコレートサラミに直接紐を巻きにくいと感じる場合は、先にクッキングシートで包み、その上から紐を巻くと簡単です。この場合は、【HENRY WINNING パン屋の紐 ベイカーズツイン 約1.5MM径 [グリーン] 約100M】のようなカラフルな紐を使えば、より華やかになります。



※こちらの動画はより本格的なレシピですが、3:25あたりからラッピングの方法が紹介されています。



またラッピングをもっと可愛く仕上げたい場合には、キャンディ包みもお勧めです。チョコレートサラミをクッキングシートか包装紙で、キャンディのように包んで両端をギャザーのように寄せ、【ピコットリボン】や【オーガンジーリボン(シアーリボン)】で結ぶだけ。とっても簡単なラッピングなのに見栄えの良いプレゼントの完成です。

ピコットリボン】はピコットが付いたやや細めのリボンで、ブラウンのクッキングシートとの相性が抜群で、【オーガンジーリボン(シアーリボン)】は薄地で透け感のあるリボンで、華やかな雰囲気の演出にピッタリです。

ここにクラフトパンチカッターの【クラフトパンチカッター ラージ [リアルエステートサイン]】や【クラフトパンチカッター ラージ [フローリッシュスクエア]】を使ってラベル風のメッセージカードを添えたら完璧です!

バレンタイン発祥の地・イタリアで冬の高級菓子としてしられるチョコレートサラミは、とっても簡単に手作りできる上に、レシピも好みに合わせてアレンジ可能。今年のバレンタインは、美味しいだけじゃなく見た目も楽しめるチョコレートサラミを手作りして、サプライズプレゼントをしてみませんか?