子ども達の成長を祝って!卒業式には世界に1つだけの手作りロゼットを贈ろう

日本で3月と言えば、卒業式!一緒に遊んだ友達との別れや旅立ちの季節です。いつの間にか大きく成長した子どもの姿を見て、驚きと感動を覚えるご両親も多いはず。そんな子どもにとっても大人にとっても大切な卒業式を忘れられない思い出にするため、素敵なアイデアをご紹介していきます。



3月は別れの季節とは限らない!?海外の卒業式事情


3月になれば、親子でスーツを着て学校に向かって歩く姿や、袴姿の女性などを良く見かけますよね。そう、卒業式シーズンです! 3月は、別れや旅立ちの季節で、寂しさと新しいことへの期待や希望が入り乱れた独特の感情が生まれる季節、、、、なのは日本だけかもしれません!?世界に目を向けると、また違った卒業式の姿が見えてきます。

“9月入学”という言葉を聞いたことがあるように、海外では9月にから新学年をスタートさせる国が多く、アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ロシア・中国などが挙げられます。これらの国では、新学年が始まる前には長い夏休みがあり、卒業式の時期は6~7月に行われるのが一般的です。またオーストラリアなど南半球でも夏休み明けに新学年が始める国は多くありますが、北半球とは季節が逆になるため新学年は1月末からのスタート。そのため卒業式は12月に行われます。韓国は日本と少し似ていて、卒業式は2月に行われ、新学年は3月からスタート。日本と同じく3月に卒業式を行う国は、フィリピンなどがあります。

私たちにとっては卒業式と言えば3月!ですが、世界的に見ると少数派なのには驚きですね。



海外の卒業式の定番!アカデミックドレスにはどんな意味があるの?


映画やドラマなどで見掛ける海外の卒業式といえば、揃いの長いガウンを着て、四角い板のような物がついた角帽を被っている姿を思い浮かべます。この衣装一式のことをアカデミックドレスと言い、一般的にはガウンとキャップと呼ばれています。これは学校の指定があるので、学生たちは決められた物を購入するか、レンタルをして準備をします。そのため同じ学校であれば皆同じ格好になるんです。

そもそもアカデミックドレスの由来は、12世紀のヨーロッパまで遡ります。世界に先駆けて大学が設立され始めたこの時代は、大学と教会に強い繋がりがあり、大学には聖職者達も多く在籍していました。そこで学生達も聖職者と同じようなガウンと帽子の格好を真似したことで、その後これらの服装が大学関係者の正装とみなされるようになりました。

現在のアカデミックドレスの多くは、イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学で着用されていたものを真似て作られたものです。そこに学校によって色や素材に違いが出たり、着方も国によって違いがあったりもします。例えば、イギリスではガウンの前は開けて着て、式中はキャップを被りませんが、アメリカではガウンの前を閉じて着て式中もずっとキャップを被っています。また一部の地域では、キャップについたタッセルを卒業式中は右側にたらし、卒業証書授与の後は左側へと移動させる習慣や、成績優秀者に贈られる首から飾りなど学校により様々な独自のルールがあります。

また海外の卒業式といえば、日本でも話題になったアップル創始者スティーブ・ジョブズのスピーチを思い出す人もいるはず。この時の動画を見ると分かりますが、ジョブズも黒色のガウンを着ており、アカデミックドレスは卒業生だけでなく大学関係者も着用するルールなのがよく分かりますよね。もちろんアカデミックドレスは大学の卒業式だけではなく、幼稚園などでも卒園式の際には着用するところも多くあります。このように海外の卒業式ではガウンとキャップを着たアカデミックドレス姿で出席し、特別感と仲間との一体感を味わえる大切な装いなのです。






お揃いのアカデミックドレスの中から我が子を探せ!晴れ姿を見逃さないアイデアとは?


海外の卒業式でも日本と同様に、式典には子どもの成長した姿を見ようと両親も出席します。しかし、卒業生全員がお揃いのアカデミックドレスを着ている中で、我が子を探し出すのは至難の業。そこで考えられたアイデアが、遠くからでも一目で分かるようにキャップを派手に飾り付けること!

卒業式のキャップにどれほどオリジナリティ溢れる飾り付けを施すかは毎年話題になっており、デコレーションのアイデア集やDIYの動画、また傑作デコレーションキャップの写真ばかりを集めたサイトもあり、卒業式の1つの目玉となっています。飾り付けは自由ですが、多くは自分が学校生活で頑張ったことを表現したり、これから進学する大学名を入れたり、また親への感謝の言葉を書く子もいます。

しかし誰もが派手なデコレーションを行えるわけではありません。と言うのも先ほどお伝えした通り、アカデミックドレスは購入だけでなくレンタルする場合も多いからです。キャップだけ購入するという手もありますが、両方ともレンタルで済ますのもごく普通です。そこで活躍するのが、取り付け簡単なロゼット!ロゼットならば、ピンやクリップでサッとキャップに取り付けられるので、誰でもキャップの飾り付けを楽しむことができます。プリーツ状のリボンに縁取られたロゼットは、海外では敬い称える象徴のアイテムとして用いられているので、親が誇らしい我が子へのプレゼントとして渡したりもします。

卒業式というと別れや旅立ちに注目されがちですが、これまでの時間を振り返る機会でもあります。このキャップのデコレーションの様に、子ども達が学生生活で真剣に取り組んだことを表現したり、また親から子ども達の頑張りに対しての賛辞を贈ったりと、改めてしっかりと形や言葉で表すのはとても素敵なことですよね。



卒園式のお祝いに!気持ちを込めたロゼットを贈ろう


日本の卒業式ではアカデミックドレスを着用することはありませんが、子どもたちへのお祝いの気持ちとして手作りロゼットを贈りませんか?ロゼットには晴れの舞台にはピッタリな華やかさがあり、フォーマルな場に良く合います。そしてリボンの色味、そして文字やイラストをプリントすることで、1人1人を表したオリジナリティ溢れるロゼットを作ることができますよ。

例えば、幼稚園や保育園の卒園式の胸元に。好きな動物、将来の夢などを表したイラストと一緒に名前をプリントしたロゼットなら、世界に1つだけのロゼットを贈ることができます。もちろん小さいお子さんだけでなく、中学生や高校生ならば頑張った部活動を表すイラストをプリントして、チームメンバーでお揃いを付けたりするのも一体感があって可愛らしいですよね。

これから新しい世界へと飛び立つ子ども達に、楽しかった思い出の結晶、または努力の証としてオリジナルのロゼットを贈れば、それはきっとお守りのような役目を果たしてくれるかもしれません。



世界に1つだけの手作りロゼットと一緒に、忘れられない思い出を作ろう!


それでは、手作りロゼット作りに挑戦していきましょう!ロゼットは、リボンが幾重にも折り重なっている華やかなデザインなので、一見作るのが難しそうに感じるかもしれませんが、安心してください。こちらの【ロゼットキット】を使用すれば、初めての方でも簡単にそしてキレイに作ることができます。作り方の動画もありますので、制作途中に迷うことも無くサクサク進められます。必要な備品に加えリボン付きのセットもありますので、あとは接着剤だけ準備すれば直ぐに制作へと取り掛かかれます!しかもリボンの色味は24色からお選びいただけるので、きっとイメージピッタリな物に出会えるはず。

もちろんキット以外に個別でもご用意しております。【くるみボタンパーツ 48MM (足なしタイプ)】と【両面サテン プリーツリボン 2.5CM幅】に、【48MMくるみボタン用 ロゼット製作ガイド [1MM厚] 1レイヤー 10枚入】、これらに加えて【48MM用 くるみボタン打ち具】があれば完璧です!そして【クリップ付きピン】やオリジナルのイラストや文字を入れたい方に必要な【インクジェット生地シート】もお忘れなく。

また、より華やかなロゼットを作りたい場合には【ロゼット複数レイヤーキット (2~4レイヤー5個分作れる)※リボン別売り】がお勧め。こちらは周りのリボンを2重・3重と重ねたい時に便利です。例えば、同系色の濃淡リボンを重ねてみたり、1色のリボンを重ねるのもスッキリシンプルでありながら華やかさをプラスすることができますよ。

複雑な作りに思えるロゼットもキットを活用することで、楽しく制作することができます。あなたの気持ちを込めた、オリジナルのロゼットを作って、大切な卒業式の日を迎えてみてはいかがでしょうか?

子ども達の成長を感じられる卒業式。そんな華やかな場に相応しく、またお祝いの気持ちも込めて世界に1つだけの手作りロゼットを贈りませんか?それぞれの子ども達の個性を表すイラストやメッセージを込めることで、忘れられない思い出の1ページになること間違いなしです!