父の日のプレゼントに最適!子どもが自然とマッサージしたくなるオリジナルTシャツ

赤いカーネーションが並ぶ母の日が終わったら、次は父の日です!父の日は母の日の陰に隠れてしまいがちですが、家族のために頑張って働いてくれているお父さんに日頃の感謝を伝える大切な日。そこで今年は、子ども達と一緒に素敵な父の日のプレゼントを手作りしませんか?お父さんも、そして子ども達も楽しめるプレゼントのアイデアを紹介します。



どうやって父の日は始まったの?その由来は?

母の日の約1か月後にやってくる父の日は、どのようにして誕生したのでしょうか?日本の父の日は、母の日と同様にアメリカの風習に由来しています。1909年ワシントン州に住むある女性が、母の日があるなら父親に感謝をする父の日も作って欲しいと牧師協会に嘆願したのが始まりです。この女性の父親は6人の子を育てたシングルファーザーで娘はとても父親を敬愛していました。そして父の誕生日が6月だったため、6月の第3日曜日に礼拝をしてもらいます。これがきっかけとなり、1972年には正式に国の記念日として制定されました。

またこの女性が、亡父の墓前に白いバラを捧げたことから、アメリカでは父の日に白いバラを贈る習慣があります。日本では、「父の日黄色いリボンキャンペーン」を過去に行ったことから、幸福や喜びの象徴でもある黄色が父の日のイメージカラー。黄色のバラやヒマワリがモチーフとして良く使われているのを見ると思います。

このように父の日は、家族を深く愛した父への感謝の気持ちを伝える方法として娘が働きかけたのが始まりです。父の日も、日頃の感謝を特別な形で伝えることが大切ですね。



世界の父の日はいつ?どうやってお祝いするの?

先ほどもご紹介した通り、日本の父の日はアメリカの風習を模した物ですが、それ以外の国にも父の日は存在するのでしょうか?そしていつ、どんな方法でお祝いするのか見ていきましょう。

カナダ
カナダの父の日は、日本やアメリカと同じで6月の第3日曜日です。プレゼントを贈る他に、家族でキャンプやピクニックなどアウトドアを楽しむのが一般的。いつも仕事で忙しいお父さんと一緒に過ごす時間を大切にする気持ちが伝わりますよね。

ドイツ
ドイツの父の日は、4月下旬〜6月上旬にあるキリストの昇天祭の日で、毎年日付が変わります。昇天祭はイースターにあたるキリストの復活日から6回目の日曜日の後の木曜日と決まっています。父の日は、お父さんに感謝する日と同時に、男性同士が集まってお酒を飲んだりして盛り上がる日。友達同士で昼間からお酒を飲んで騒いだりしても怒られない日で、陽気に楽しむのが風習です。

オーストラリア
オーストラリアの父の日は9月の第1日曜日で、家族でBBQを楽しむのが定番です。9月に父の日があるのは、世界でもオーストラリアとニュージーランド、その近辺の国だけ。父の日が9月になった由来は所説ありますが、日本とは季節が逆の南半球では6月にBBQなどアウトドアを楽しむには寒いため、春の陽気の9月になったと言われています。

台湾
台湾の父の日は、8月8日です。88を「パパ」と読むことから、この日が父の日になりました。父の日は家族で盛大にお祝いするのが定番で、この時期に里帰りして親と過ごす子供も多くいます。家族と食事を楽しみながら、プレゼントを贈るのが風習です。

フィンランド
フィンランドの父の日は、11月の第2日曜日。フィンランドには、11月に祝日がなかったからという驚きの理由で父の日が決まりました。そんなフィンランドでは、父の日はカードや素朴な手作りのプレゼントを贈るのが一般的です。

こうやって見ていくと、どの国でも、父の日はお父さんと一緒に過ごす時間を大切にしているのが分かりますよね。普段は仕事が忙しいお父さんと、父の日は一緒に楽しめる計画を立ててみませんか?



子どもと一緒に手作りしたプレゼントでパパを驚かそう!

いつも家族のために頑張って働いてきてくれるお父さんに、父の日は手作りプレゼントを贈りませんか?それも子どもと一緒に手作りしたプレゼントを!きっとどんなプレゼントよりもお父さんは喜んでくれるはずです。

手作りプレゼントの良さは、何といってもアレンジが自由なところ。お父さんを1番良くしる家族だからこそのプレゼントを用意できますよ。

例えば、おうち時間が増えたお父さんに部屋着のTシャツのプレゼントはどうでしょう?無地のTシャツにオリジナルの柄やメッセージをプリントすれば、簡単に手作りTシャツの完成です。特に子どもの絵をプリントすれば、それこそ本当に世界に1つだけのTシャツですよね。そして部屋着なら、周りの目を気にせずに自由な絵がプリントできるのでお勧めです。

Tシャツに絵をプリントするには、【アイロン転写紙 インクジェット転写紙シート ライトカラー(淡色)布用 10枚入】が便利です!このアイロン転写紙を使えば、自分の好きなデザインをプリンターで印刷し、アイロンで好きな場所に貼り付ければ、簡単にオリジナルTシャツが作れるんです。この方法なら、子ども達の成長記録でもあるお絵描きをTシャツにして残せるのも嬉しいですよね。ぜひ今年の父の日は世界に1つだけのオリジナルTシャツを作ってみましょう!



お父さんも子ども達もハッピー!バックマッサージTシャツを手作りしよう

父の日のプレゼントにオリジナルTシャツを制作するのに1番悩むのは絵柄です。子ども達に好きに描いて良いよと言っても、なかなか難しいのも現実。そこで活用したいアイデアが“バックマッサージTシャツ”です。


バックマッサージTシャツとは、背中側に線路や道路などが描かれたTシャツで、これを着てお父さんがうつ伏せで横になり、子ども達が玩具の車を走らせれば自然とマッサージが始まる魔法の洋服になります。子ども達はお父さんの背中で遊べて、お父さんはマッサージを受けれるという双方が楽しめるアイテムなんです!

作り方は簡単。先ずは子ども達と一緒にお父さんの背中に描く線路や道路を描きましょう。もちろん道路や線路だけでなく建物や木々、人なども好きに描いてOKです。出来るだけ色んな方向に道があった方がマッサージを受けるお父さんが気持ちよくなりますよ。

絵が完成したら、それをスキャナーでパソコンにデータとして取り込み、インクジェットプリンターでアイロン転写紙にプリント。インクが乾いたら、デザインに沿ってカットし、後はTシャツの転写したい部分に配置してアイロンをかけたら完成です。Tシャツの色が黒色など濃い色の場合は、【アイロンプリント紙 インクジェットプリント紙 ダークカラー(濃色)布用 5枚入】を使用してください。

Tシャツの背中面だけでなく正面にも何かプリントしたい場合は、『You are my hero, Dad!(お父さんは私のヒーロー!)』、『Best Dad Ever(史上最高のお父さん)』、『Captain DAD)キャプテン・ダッド)』など英文をプリントするのもお洒落ですよ。どれも短くてもお父さんへの愛がしっかりと伝わる文章です。

バックマッサージTシャツが完成したら、それをお父さんに着てもらい寝転がってもらうだけ!後は子ども達が玩具を片手に思い思いに好きな道を走らせれば、至福のマッサージタイムの始まりです。仕事で疲れているお父さんはマッサージを受けられて、子ども達もお父さんと一緒に遊べ、そしてお母さんはその間に自由な時間ができる、まさに一石三鳥のアイテムですよね。

いつも家族のために仕事を頑張ってくれているお父さん。そんなお父さんに愛のこもった手作りTシャツを父の日にプレゼントしましょう。今回ご紹介したバックマッサージTシャツのアイデアなら、家族誰もが楽しい時間を過ごせること間違いなしです!