大人の癒し!アイロンビーズで作るお洒落なインテリア雑貨が新しい


カラフルなビーズ繋げて遊ぶアイロンビーズ。子どもの頃に遊んだ記憶がある人も多いはず。そのイメージから子供の玩具として認識されていますが、実は大人も楽しめるアイテムなんです。

しかもドッド絵風で好きなデザインやキャラクターを再現して遊ぶだけじゃなく、実用的なインテリア雑貨まで作れてしまう優れ物。

そんな大人も存分に楽しめるアイロンビーズの魅力をとことん紹介していきます。



アイロンビーズって何?その人気の理由は?


アイロンビーズとはパイプ状になったビーズのことで、これらを使って絵柄や模様を描き作品が作れる玩具です。
ビーズを等間隔の突起が並んだ専用のプレート上に並べて模様を描き、その上からアイロン掛けを行うとビーズ同士が熱で溶けて接着し作品が完成します。

アイロンビーズは子どもでも安心して遊べる知育玩具として販売されていますが、最近では年齢に関係なく大人も楽しめるクラフトアイテムとして人気があります。

アイロンビーズを使えば、モザイク画や昔懐かしいゲームの絵を思い出させるようなドット絵を簡単に描くことができるのも魅力の1つ。
最近大流行している鬼滅の刃のキャラクターをアイロンビーズで再現している作品も続々とSNSで投稿されており、まるで絵を描くように自由に作ることができるんです。

他にもミニオンやスーパーマリオブラザーズなど有名キャラクターの図案も出ているので、それらを使えば誰でも簡単にお気に入りのキャラクターグッズを作ることができます。

そして今ではアイロンビーズで作ったお洒落なインテリア雑貨まで登場してきました。
そんな実用性のあるアイテムまで簡単に作ることができるところが、大人の愛好者も増えている理由なんです!



アイロンビーズは大人の癒しアイテム!?


そもそもアイロンビーズは、1960年にスウェーデンのガンナー・キナットソン氏が高齢者向けのリハビリ治療目的に開発したのが始まりになります。
その後は幼児用の知育玩具に応用されるようになり、また作った物を形に残せるようにとビーズの改良がなされ、ビーズが熱によって接着する今のアイロンビーズへと進化を遂げました。

アイロンビーズはリハビリ治療目的に開発された歴史からも分かるように、制作過程を楽しむだけでなく高い精神的効果が期待されています。
それは手先の細かい動きに集中力を必要とすること、そして達成感も得られやすいことから、作業治療の1つとして用いられているほど。

数年前に大人の塗り絵が流行ったのと同じでアイロンビーズでも、ひとつのことに集中することで自然と呼吸のリズムが整い、自律神経のバランスが整いやすくなりリラックス効果が得られると言われています。

何かとストレスが溜まりやすい現代の中で、自律神経が整いリラックス効果が期待できて達成感も得られるのならアイロンビーズが大人の癒しアイテムとして注目が上がっているのも納得ですよね。



アイロンビーズを始めてみよう!必要な物はたった5つ


子どもだけじゃなく大人でも楽しめて、しかもメリットが沢山あるアイロンビーズ。始めるにあたって必要なのは、①アイロンビーズ、②ペグボード、③アイロンシート、④ピンセットに⑤アイロン。このたった5つがあれば大丈夫!

①アイロンビーズは【アイロンビーズ/ 単色パック】と【アイロンビーズ /キット・マルチカラーパック】から選んでいただけます。既に作りたい作品が決まっている、いちいち使いたい色を探すのが面倒と感じる人には単色パックがお勧めです。
約100色もの色から選ぶことができ、その中には夜光タイプやラメ入りに半透明タイプなど種類も沢山あります。

②ペグボードとはアイロンビーズを並べる時に使う専用ボードのことです。【透明ペグボードスモール 5種類】は、ボードが透明なので下絵を見ながらビーズを置くことができるので便利。
また大型の作品を作りたい時には、ボードを連結できる【透明ペグボードラージ 四角形 連結タイプ 2枚入】があります。

③アイロンシートは、先ほど紹介したペグボードにセットで付いてきます。各自で用意する場合は、市販のクッキングシートでも代用可能。

④ピンセットもアイロンビーズ専用の【ビーズツイーザー( ピンセット ) 2個入】があり、小さなビーズを掴むやすい形状をしています。もちろん普通のピンセットでも大丈夫です。

⑤アイロンは、一般的な温度調整の可能な家に有る物を使いましょう。スチーム機能があるアイロンは機能を切って使用してください。

他にもあると便利な物は、何を作ろうか迷っている人には【パーラービーズキット 2000ピース [カップケーキ&バタフライ]】がお勧め。
内容はビーズ、3種類のペグボード、アイロンシート、そして配置見本としてパターンシートまで全て揃ったセットになります。ミニオン好きな人には【パーラービーズキット 1000ピース [ミニオンズ ケヴィン]】や【パーラービーズキット 1000ピース [ミニオンズ ボブ]】のセットもあります。こちらも全てのアイテムが揃っているので、直ぐ制作に取り掛かれます。

そして図案となるパターンだけを集めた【パーラービーズ 110パターンシート】では、110種類のパターンが収録されたアイデアブックになります。中にはドットだけのシートも入っているので、自分だけのオリジナルパターンも作れますよ!



アイロンビーズでお洒落インテリア雑貨を作ろう

アイロンビーズの基本的な事が分かったら、お洒落なインテリア雑貨の制作に挑戦してみませんか?可愛いキャラクターを作るのもとっても楽しいのですが、その後使い道に困ってしまうのも本音。
そこで、作った後も部屋で活躍してくれるお洒落なインテリア雑貨をアイロンビーズで作ってみましょう!

アイロンビーズで簡単に作れるインテリア雑貨は、コースター、フォトフレーム、電気のスイッチカバーから、立体のティッシュケースやスマホスタンドがあります。
特に平面の物は、対象物のサイズに合わせてアイロンビーズを並べて接着すれば完成なので簡単です。





そして忘れちゃいけないのが、これらをお洒落に見せるコツ。大事なのはアイロンビーズの色味をカラフルにし過ぎず、今流行りのモノトーンコーデでまとめること。
モノトーンで統一感出したインテリア雑貨なら、部屋に馴染みやくアイテムが浮く心配がありません。テーマカラーを1色決めて、その色の濃淡色に白やグレーを混ぜて作品を作ると落ち着いた雰囲気が醸し出せます。

柄を描きたい場合は、ボーダーやストライプは簡単に作ることができますし、市松模様なども比較的簡単です。
もっと複雑な柄だと、アーガイル柄やノルディック柄、トルコタイルなどがアイロンビーズでも再現しやすくなります。

複雑な柄を再現する時に使うと便利なのが、ドッド絵変換サイト。
ミニドット絵メーカー3」を使えば、作りたい柄の画像を読み込むとドッド絵に変換してくれます。その際に使用する色数も指定できるので、ビーズ選びにも迷いが無くなります。
また、サイト上では自分で1から絵を描くこともできるので、自分の部屋にピッタリの柄や配色のインテリア雑貨をアイロンビーズで作るには外せないサイトですよ。

アイロンビーズ/ 単色パック】では、微妙な色味の違いを楽しめるビーズが沢山あります。是非とも大人なモノトーンコーデで素敵なインテリア雑貨を作ってみてください。

子どもの玩具として認識されているアイロンビーズも、実は大人もハマって楽しむことができるアイテム!
しかもアイロンビーズの制作時間は、自律神経を整えまたリラックス効果が得られるので、日々のストレス発散にもピッタリの趣味です。これから寒い冬に向けて、家の中で新しい趣味を始めてみませんか?