withコロナの結婚式!今年のジューンブライドはスモールウェディングパーティーでお祝いしよう


もうすぐ花嫁が憧れるジューンブライドの季節がやってきます!そんなおめでたい季節に、大切な人達に囲まれて結婚式を行いたいですよね。そこで、このコロナ禍でも安心して行えると注目が上がっているのが、少人数で行うスモールウェディングパーティー。アットホームな雰囲気の中でゲストも新郎新婦も満足度の高い時間が過ごせると好評です。そんなスモールウェディングパーティーの魅力とお勧めの手作りアイテムをお伝えしていきます。



花嫁の憧れ!ジューンブライドの意味と由来はなに?


結婚を考える女性の憧れでもあるジューンブライド。June(6月)とBride(花嫁)を合わせて“6月の花嫁”という意味があります。このジューンブライドに結婚する花嫁は幸せになれるという言い伝えから、6月に結婚式を挙げるカップルが多くなっています。

でも、どうして6月が良いと言われているのでしょうか?日本の6月は梅雨の時期に入っていることもあり、雨が多く結婚式に最適な月とは言い難いですよね。実はジューンブライドはヨーロッパに起源があり、その由来には3つの説があります。

1つ目の由来は、最も有力視されているローマ神話の女神・ユノ説です。ユノは結婚や子宝の象徴とされており、女性や子ども、また家庭の守護神とも言われています。そのユノが守っている月が6月のため、6月に結婚する花嫁はユノの加護を受けて幸せになれるという伝説が生まれました。またユノは“Juno”と表記し、6月の“June”はここからきたと言われています。

2つ目は、結婚が解禁になる月が6月だったという説。かつてヨーロッパでは農作業が忙しくなる3月~5月の3か月は結婚が禁じられていました。それが解禁になる6月に、結婚を待ちわびていた多くのカップルが結婚式を挙げたことがジューンブライドの由来とする説です。

最後の3つ目は、ヨーロッパでは6月が一番天気の良い季節だった説。日本のように梅雨のないヨーロッパでは、6月は1年で最も雨が少なく晴天が多い時期になります。また6月は新緑が輝く時期で、何か新しいことを始めるのにピッタリと季節とも思われたからです。

この様に所説ありますが、ジューンブライドには長い歴史があり、どの時代のカップルもこれから始まる結婚生活を幸せに送れるようにと強く願い縁起を担いでいたのが分かりますよね。是非、あなたも女神に見守られながら幸せな結婚式を挙げてみませんか?



結婚式の新定番!コロナ禍でも行えるスモールウェディングパーティー


めでたく結婚式を行うことに決めたカップルが、幸せの絶頂にいながらも不安に思うのはコロナ禍でどのような形で結婚式を行うのかではないでしょうか?去年の2020年春には新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、結婚式を延期また中止を余儀なくされたカップルもいたことと思います。それから1年が経ち、私たちも少しずつですが新型コロナウィルスとの付き合い方も見えてきました。そこで感染リスクを抑えた形での結婚式を行うカップルが増えてきています。

それは大人数での結婚式ではなく参列されるゲストの人数を縮小し、家族や親族や、親友など少人数で行う方法です。例えば、家族だけで“顔合わせ”のような食事会など。これにより感染リスクを抑えた安心・安全な結婚式を行うことができるのです。

少人数であっても大切な人達に見守られながら行う結婚式は、人生において大切な節目となることを強く実感し、これからの新しい生活への良いスタートになることでしょう。コロナ禍という大変な時期ですが、人との繋がりも強く感じられるスモールウェディングパーティーは濃密で満足度の高い時間が過ごせること間違いなしです!



Withコロナの結婚式!スモールウェディングパーティーのメリット


少人数で行う結婚式は、盛り上がりに欠けるのではないか?食事の時間が間延びしてしまわないか?どんな演出を行えば良いのか分からないなど心配される声もあります。確かにこれまでの結婚式を想像すると、規模が縮小した分、華やかさに欠けるような気がしてしまいますよね。でも、少人数だからこそ行える演出など良さは沢山あるんです!そんなスモールウェディングパーティーのメリットとは何でしょう?

メリット①:ゆったりとした進行でアットホームな雰囲気で温かい結婚式

大人数ではない分、一人ひとりへ心を込めたおもてなしが叶います。従来の結婚式だと、どうしても慌ただしく参列してくれた人とゆっくり話す時間もありませんでした。しかし少人数だからこそ新郎新婦も輪の中に入って、ゆっくりと会話を楽しむことができます。

メリット②:より自由な演出を取り入れることができる

人数が少ないからこそ、これまでの定番な演出だけでなく新郎新婦が望む自由な演出を行うことができます。たとえば新郎新婦からのゲスト全員の自己紹介や、子供が多く参加するなら部屋の一部にキッズスペースを設けることだって可能です。

メリット③:大人数の結婚式と比較して準備が楽

結婚式の準備に追われて、結婚式前夜に徹夜した!なんて話もよく聞きますよね。それくらい結婚式の準備は大変です。しかし少人数ならばアイテムなども大量に準備する必要がないので、その分の時間を、手作りなど自分の想いを込めたアイテムを制作する時間に費やすことができます。

このようにスモールウェディングパーティーにはメリットも多く、結婚式にこだわりたい、自分の理想とする結婚式を挙げたいと思っているカップルにこそお勧めしたいスタイルです。



スモールウェディングパーティーでお勧めする手作りアイテム5選

理想の結婚式には、自分の好みと思いがたっぷり詰まった手作りアイテムを添えてみませんか?スモールウェディングパーティーだからこそ、色々な物を手作りで対応することができます。それでは具体的にお勧めする手作りアイテムをご紹介!


先ずは席の名札替わりに【ロゼット】を活用しましょう。式場のテーマ―カラーに合わせたロゼットをゲスト全員が付ければ写真での統一感が出てお洒落感が増しますよ。ロゼットの中心にゲストの名前を印刷し、初めて会う両家の家族でも誰が誰だか直ぐに分かって便利です。

例えば結婚式に人気のシャンパンカラーを用いた【ロゼットキット [両面サテンリボン:シャンパン] 5個分】にはロゼットを作るのに必要な物が全て揃っており、作り方の説明書付きなので初めてでも簡単に作成できます。ロゼットを止める方法は安全ピンだけでなく、クリップ付きなので着物などを着用しているゲストにも安心して装着してもらえます。他にもさまざまな色のキットをご用意してりますので、式場の雰囲気に合う物を選んでください。

少人数の場合、挙式を終えてからカジュアルな食事会を行うパターンが多くなります。その場合は、空間を明るくしてくれるデコレーションに力を入れましょう!例えば【WE R MEMORY KEEPERS バナー カッティング&パンチボード】を利用して結婚式で定番のフラッグガーランドが手作りできます。これは紙をペナント、フラッグ、クレストの3種類の形にカットできる便利なカッティング&パンチボードです。付属のカッターでフレームガイドに沿って切るだけで綺麗にカットすることができ、パンチ部分で紐を通す穴を開けることもできます。【カラー・デザインペーパー】と【糸・リボン】を組み合わせれば、世界に1つだけのフラッグの完成です。フラッグには新郎新婦の名前や、Welcomeの文字を入れたい場合は【WE R MEMORY KEEPERS ミニアルファベット パンチボード】を使いましょう。他にも【WE R MEMORY KEEPERS ガーランドパンチカッター】を利用すれば円形のガーランドも作ることができます。

より華やかな空間を演出したい場合にお勧めなのが【ペーパー クレープストリーマー】。これは薄手で伸縮性のあるカラフルな紙テープで、海外では“パーティーロール”とも呼ばれ結婚式や誕生日会のデコレーションアイテムとして人気があります。紙なので取り付けるのも簡単で、非日常感を演出するのにピッタリのアイテムです!

そして招待状やプチギフトを作るのに便利なのが【WE R MEMORY KEEPERS 1-2-3 パンチボード】です。これを使用すればプチギフト用のボックスやメッセージカードを入れる封筒、ラッピングに使える紙のリボンを簡単に作ることができます。多くない限られた人数だからこそ、普段では伝えられない感謝の気持ちを添えてみませんか?

人生で絶対に忘れられない日になる、結婚式。その大切な日を、本当に大切な人達に囲まれながら笑顔溢れる時間を過ごしませんか?このコロナ禍においても、感染リスクを抑えた安心・安全な結婚式を行うことは可能です。少人数で行うスモールウェディングパーティーは、新郎新婦もゲストも同じ輪の中に入りながら、しっかりとコミュニケーションを取ることができます。そして、より自由度の高い演出で、自分の思い描いた理想の結婚式を叶えてください!