親子で描くバンクシー!今日からあなたもグラフィックアーティスト


ストリートアートから始まり今や世界的に有名なアーティストとなったバンクシーを知っていますか?最近では、作品がオークションで高額落札された瞬間にシュレッダーが作動して細断されたことでも話題になりました。そんな世界の注目を集めるアーティスと言っても過言ではないバンクシーと同じ技法を使って、あなたもアーティスト体験をしてみませんか?意外にも誰もが気軽に楽しめる方法で、作品を生み出すことができるんです!親子一緒に創作活動を楽しみましょう。



世界的アーティストのバンクシーってどんな人?


現代アートは難しいというイメージから苦手だと感じて敬遠している人も多いかもしれません。そんな中でも、今ひと際注目を集めているアーティストがいます。それはバンクシー!日本だけでなく世界中で沢山の展覧会が催されており、新作が出現したとなるとニュースになるほど。2018年に「風船と少女」という作品がオークションで高額入札されるやいなや、あらかじめ仕込まれていたシュレッダーによって細断されるという衝撃ニュースを、あなたも目にしたのではないでしょうか?他にも、東京でバンクシー作品と思われるネズミの絵が発見されるというニュースもあり、認知度が高まっています。

そんな世間を賑わしているバンクシーですが、その正体は多くの謎に包まれています。分かっている事は、イギリスを拠点に活動する匿名の芸術家で、世界中のストリート、壁、橋などをキャンパスに見立てて作品を発表する神出鬼没なアーティストということだけ。その作品は、鋭い社会風刺や政治的メッセージとブラックユーモアを交えて表現しています。そして作品の大半は壁面に描かれているため、既に塗りつぶされていたり劣化していたりと既存しているものはあまり多くありません。そのように作品が永遠に変わらないのではなく、環境に合わせて移り変わっていく様子も作品の一部として楽しまれています。

現在東京では、『バンクシー展 天才か反逆者か』が開催中。ニューヨーク、ロサンゼルス、マドリード、モスクワ、香港に日本各都市を巡回し、300万人以上の人々を熱狂させたアートに触れるチャンスかもしれません。



バンクシーのアートはどうやって作られるの?ステンシルアートの魅力とは?


バンクシーのスタイリッシュで独特な作品は、一体どうやって作られているのでしょうか?あれはステンシルアートと呼ばれる技法で、型紙を使用して作品が描かれています。具体的には、絵柄や文字など描きたいデザインをくり抜いた型紙を用意して、ペイントしたりスプレーを振りかけたりして転写する技法のことです。最近では、家具のDIYや小物のリメイクなどでステンシルが活用されているので、知っている方も多いかもしれません。

しかしステンシルは、型を使用することで簡単で誰でもできることから、ステンシルアートはクリエイティブさがないとも言われていたります。では何故、世界的アーティストであるバンクシーはこの技法が用いているのでしょうか?

それは、素早く作品を仕上げることができるから!バンクシーの作品は現在何十億という値が付くほどの価値が認められていますが、ただバンクシーのように街頭の壁面などに無断で絵を描く行為は犯罪行為に繋がり、見つかれば逮捕されるリスクを負っています。それもあってバンクシーは身元を隠して活動しているのです。そんなリスクを負っての創作活動と今となっては誰もがその正体を追っている中で、街中でゆっくり時間をかけて作品を描くことは不可能。そこで素早く作品を描くことができるステンシルアートを活用して創作活動を行っているのです。

バンクシーの例からも分かるようにステンシルアートはアイデア次第で、誰もが気軽にアーティストになれる技法です。絵を描くのはちょっと苦手と感じているけど何か作品を作ってみたいと思っている人や、子供と一緒に絵を描きたいと思っている人には特にお勧め。あなたの創造力とステンシルを使って形に表してみませんか?



あなたも今日からアーティスト!バンクシーの真似をしてステンシルで絵を描こう



バンクシーのアートがどのように制作されているかが分かったところで、あなたも世界的アーティストの真似をしてみませんか?ステンシルアートは型を使用するので誰が作っても同じ物が完成するような気がしますが、実はそうではないんです。型の組み合わせや、色味の違い、またスプレーを使用するかインクを使用するかにもよっても雰囲気が変わってきます。またバンクシーの作品はより強いメッセージ性を持たすために基本的に色は黒色しか使用されていませんが、カラフルで色彩豊かな可愛らしい作品だって制作可能です。

そして、そんな誰でも簡単に描けてオリジナリティーも出せるステンシルアートは、お子さんとのアクテビティにもピッタリ!まだ小さいお子さんとは型を使うことで絵が浮き出てくる楽しさを味わうことができ、小学生ぐらいのお子さんとはバンクシーという芸術家の簡単な説明と共に、新しい芸術技法を学ぶことができます。小さい頃から、様々なアートに触れることによって、感受性を刺激して芸術性を伸ばすことができますよ。



準備物は3つだけ!ステンシルアートの始め方


世界的に有名なアーティスト・バンクシーを真似して、あなたも自分だけの世界を描いてみましょう。用意する物は、ステンシルテンプレートインクパッドカラーペーパーの3点だけ。たったこれだけで創作活動を始めることができます!

先ずは、何を描くか決めていきましょう!様々な種類の【ステンシルテンプレート】からお好きなのを選んでください。例えば、誰もが大好きな星モチーフの【ステンシルテンプレート [スターシャワー]】や、自分で描くには難しい蝶モチーフを扱った【ステンシルテンプレート [バタフライ]】もお勧め。また絵柄だけでなく広範囲にピッタリな図柄【レイヤリング ステンシル [ブロック]】もあります。色々なステンシルテンプレートを見ていると、何を描いていきたいか発想が生まれてきましたか?もちろん、自分だけのオリジナルテンプレートと組み合わせて使うのもOK!画用紙や段ボールを切り抜けばテンプレートとして使用できます。

描く内容が決まったら、次は色を選んでいきます。そもそもバンクシーは着色にスプレーを使用していますが、スプレーを使用するにはブースの設置が必要になります。そこで利用したいのが、【インクパッド】です!インクパッドを使えば飛び散る心配もありませんし、小型の物であれば直接ステンシルテンプレートに押して着色することもできます。大きなインクパッドを使用する際に便利なのが【ミニ インクブレンディングツール 2個セット (フォームブラシ4個付)】です。これは小さなお子様でも握りやすいフォルムなので、楽しく着色することができますよ。先端のフォームブラシは交換可能なので、沢山の色味を使いたい時には交換しながら使用することで、インクパッドに別の色が移るのを防ぐことができます。

さぁ、描く内容とインクの色味も決まったら、後はそれにピッタリな【カラーペーパー】を選んでいきましょう。どんな色味にもピッタリな【カラーペーパー カードストック 約21×28CM ホワイト 10枚入】はもちろんこと、色や質感はランダムに入っている【バリュー バラエティペーパーパック カードストック 8X8 INCH(約20×20CM) 225枚入】なら自分の創造を超える仕上がりに出会えるかもしれません。そしてステンシルと意外にもマッチするのが柄入りの【カードストックパック [ボタニカル パターン] 21CM X 29.7CM 60枚入】です。柄入りであってもステンシルは模様がくっきりと浮かび上がるので、面白い対比を表現できますよ。

これらの紙はどれもグリーティングカードやスクラップブッキングに使用しやすいサイズになっていますので、作品として飾るのはもちろんのこと、大切な人へのメッセージカードとしても活用できます。

そしてお洒落な雰囲気を演出したい時には、今流行りのくすみカラー【ツキネコ インクパッド GD82 バーサマジック デュードロップ [ホイート]】などもご用意。マットカラーの水性インクバッドで、滲みにくく耐光性、耐水性が強いのが特徴です。また使用可能素材の幅が広く、紙は勿論のこと、写真、皮革( ヌメ)、木材( 無塗装)、ポリマークレイ、シュリンクプラスチック、テラコッタなどに着色可能です。

更に【FOIL QUILL フリースタイルペン [ファイン チップ]】を使用して、テンプレートの箔を転写するといった加工も可能です。【FOIL QUILL ステンシル [フローラル]】のようにFoil Quillで箔押し加工をする用のテンプレートもご用意しており、もちろんインクパッドなどを使った描画にも問題なく使用することができますよ。



これらを使用すれば紙だけでなく、写真、皮や木材にもステンシルプレートで描くことができるので、インテリア雑貨などのDIYにもお勧めです。

今回は、世界的に有名なアーティストであるバンクシーと同じステンシルアートという技法を使って、グラフィックアートを創作するアイデアをご紹介しました。この技法は、芸術家から小さなお子さんまで誰もが簡単に創作活動を楽しめる方法です。まだ外は寒い冬の間に、家の中でアーティスト体験をしてみましょう!